HOME  >  みんなの声  >  先生のコラム  >  在学生による講習会

先生のコラム

在学生による講習会

大津千春

本校の1学年に在学中の弘田雄士が講師を務めた講習会が11/12(土)に、本校の実技室で開催されました。外部からの参加者10名+本校の学生が数名参加していました。

テーマは、"スポーツの現場で働くトレーナーや施術を行う鍼灸師、柔整師を対象に立位姿勢のチェック方法と改善アプローチの実技を教える"というもので、私は途中までしか参加できなかったので、実際に参加していた学生さんの感想をまとめましたのでご覧ください。

~参加者の声~

1年 S

将来、スポーツトレーナーを目指す大学生を交えての講習会でした。私はスポーツ側から鍼灸を見ることが少なかったので、新鮮に感じました。
普段、和気藹藹と話しているクラスメイトが教壇に立つのは不思議な感じがしましたが、講義が進むにつれ、違和感は消え去りました。
弘田さんが普段からお仕事で活用されている立位姿勢の評価法、ドローイング等を学びました。立位の状態をこんなにじっくりと見るのは初めてです。どこかしら歪んでいたり、特に野球やハードなスポーツを日常的にされている方はその歪みが顕著に現れていました。
その時にどのような筋を集中的に鍛えれば良いのか、また鍛え方なども丁寧に教えていただきました。将来、臨床で患者さんと向き合う時に必ず役に立つと感じます。他校の学生の勉学に臨む姿勢に刺激を受けながら充実した3時間でした。楽しかったです。

1年 I
立姿勢や座姿勢などのバランスを見ることによって、どの部位に障害があるかを判断する方法はとても参考になり、鍼灸治療に役立つと感じました。
また、腹式呼吸の仕方も教えていただき早速、自宅で実践していますが、結構大変で汗ばみながらやっています。

1年 N
ヒトの体をどのように見てゆくのか、のひとつの視点を知ることができました。講義は難しいところもありましたが、弘田先生の親しみやすい語り口と実技の時の細やかなご指導でとても楽しく、充実したセミナーでした。ありがとうございました。

2年 K
人の姿勢の乱れの根源を見つけることは難しいと思いますが、弘田先生の解説によってまるでパズルをクリアしていくようなものなのだなと感じました。その根源を見つけ出す為に代償姿勢にダマされない訓練が必要だと感じました。ありがとうございました。

~講師プロフィール~

(株)スポーツカンパニー
コンディショニングコーディネーター 弘田雄士さん
元千葉ロッテマリーンズ コンディショニングコーチ

 

是非、またこういった機会があったら本校の学生にも呼びかけていきたいと思います。

普段は学生として通っている方が、いろんなところで活躍している姿をみると学生?!って何だろうと考えてしまいます(笑)
他にもスポーツの業界で活躍している学生さんや、医療の現場で活躍している学生さんと素晴らしい方が沢山います。事務としてみなさんを応援していきたいと思います。

「先生のコラム」トップへ

ページの先頭へ戻る