HOME  >  学校の特色  >  カリキュラム

カリキュラム

医学の基礎から実践までを幅広く着実にマスターするためのプログラム

東洋医学だけでなく、現代社会の中で医療従事者の一員として必要となる医学の基礎をしっかりと身につけます。
その上で、東洋医学の専門家として必要な「ものの考え方」と知識、技術の習得を目指します。

3年間の学習ステップ

医学に関して全くの初心者でも安心して学んでいけるように、基礎の基礎から段階を踏んで学習していきます。その後基礎から応用に展開し、国家試験対策はもちろん、卒業後の臨床をイメージした実践的な授業へとつながっていきます。

1年次

医学・東洋哲学の基礎知識、実技の基礎を習得
人体の形態(解剖)・保健衛生など基礎知識を学び、東洋哲学から東洋医学の基礎概念について学びます。
はり・きゅうの実技実習は、はりの刺し方、灸のすえ方など、基礎的手段を反復練習します。

2年次

疾病の知識を深め、東洋医学を応用した治療を習得疾病について臨床医学的(臨床医学総論・臨床医学各論など)に理解を深め、正常と病態とを有機的に結び付けながら学習が進められます。
実技では、東洋医学の実践として「積聚(しゃくじゅ)治療」を中心に、古典とからめながら学んでいきます。

3年次

医学・東洋哲学の基礎知識、実技の基礎を習得
実際の疾病に対応するための臨床的な知識と治療法、あわせて国家試験に向けて受験の準備をします。
実技では、実際の臨床を意識しながら、「積聚治療」をさらに深く学んでいきます。

国家試験⇒はり師・きゅう師

学習内容

3年間の学習では、人体構造(解剖学)・機能(生理学)・病的な状態(病理学)など現代医学知識を学び、平行して東洋思想の基礎(陰陽・三才・五行)から応用(易経)までを学び、古典(難経)の知識と統合することで東洋医学的な人体観・疾病観を養います。

これは、鍼をうち、灸をすえるという物理的な治療法を東洋医学本来の姿に戻すために必要な知識で、健康や生活について患者さんへアドバイスする際にも必須となります。

科目名 内容
東洋医学の考え方や技術
はりきゅう実技 【1年次】はりの打ち方、きゅうのすえ方など基礎的手段反復練習し、基本的な技術を習得します
【2年次】東洋医学の基礎理論を応用した施術方法を習得します
【3年次】東洋医学的診断をもとに、脈診・腹診などを用いる経絡経穴を利用した施術を習得します
はりきゅう理論 はり・きゅう道具の基礎知識と施術の技術・手技・人体に及ぼす影響(効果)についての理論を学びます
東洋医学概論 健康と病気について東洋医学の考え方に基づいて理解し、病気の予防・診察・施術などに適切な対応ができるよう、基礎的な知識を学びます
経絡経穴概論 本来の施術効果が発揮するために、経絡経穴の重要性・名称・位置を理解し、経穴(ツボ)を取れるよう学びます
東洋医学臨床論 あらゆる症状について、東洋医学的な考え方を基礎に西洋医学を対比させ、適切な診断・施術をするための知識を学びます
東洋哲学 はりきゅう施術の技術向上につながる東洋的な考え方を学びます。詳しくは「鍼灸と東洋哲学」をご覧下さい
現代医学の基礎
解剖学 骨格系・筋系・内臓系・脈管(循環)系・神経系・感覚系などに分けて、人体の仕組みや機能について学びます
生理学 人体の正常な機能を理解するため、生きていることに伴う人体の働きやメカニズムなどを学びます
病理学概論 病状の観察・施術に必要な基礎知識として、病気の分類・原因・成り立ち・他の病気との鑑別・病変・治療効果などについて学びます
臨床医学総論 診察法・検査法・臨床心理など、臨床に必要な診察法や施術に関する医学的知識を学びます
臨床医学各論 あらゆる疾患について、全体像の把握・原因・症状・検査法・治療法、病後などを総合的に学びます
リハビリテーション医学 症状や障害のメカニズム・治療経過を理解し、機能回復の知識・技術について学びます
医療従事者としての常識
医療概論 東洋医学の一端を担う者として、医療の歴史・現代医療・医療人の心構えなどを学びます
衛生学・公衆衛生学 健康とはどのような条件で成立するか、また実際の社会生活で人々の健康を保持増進させるにはどうしたら良いかなどについて学びます
関係法規 はり・きゅう師に関係する法令を学びます
社会あはき学 鍼灸師をとりまく環境、社会的ニーズから、具体的な経営展開までを学びます

「学校の特色」トップへ

ページの先頭へ戻る